〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子1-7-17
リバーサイドマンション杉崎 102 
二子新地駅 徒歩3分

  日祝
9:00〜13:00
15:00〜19:00
お気軽にお問合せ・ご相談ください
044-299-9707

病院や整体院に行っても

ダメだった症状がなぜ?

ひまわり接骨院の患者さん

こんなお悩みはありませんか?

  • 坐骨神経痛と言われた
  • 常に痛み・痺れがあり、先が見えない
  • お出かけを躊躇してしまう
  • 運動が出来ないので気が滅入る
  • 薬・注射が効かず途方に暮れている
  • 痛くて眠れず、イライラが止まらない
  • 手術しかないと言われたが避けたい

高津区二子新地の整体 腰痛・坐骨神経痛専門 
ひまわり接骨院

その悩みひまわり接骨院にお任せください
ひまわり接骨院を推薦する医療関係者

お客様の喜びの声が
 信頼の証です!

ひまわり接骨院の患者さん

「当初は激痛のために車椅子での通院でした。」

(坐骨神経痛、頚椎狭窄症 川崎市中原区 68歳 男性)

・今まで 40、50代で何度かギックリ腰や、腰痛、首痛で短期間の施術を受けたことがあったものの、その都度、短期間で回復していたので特段の注意を払ってこなかった。

 

・60代中頃、歩行中に左足裏に違和感を感じ始めたものの、この時も特に不便を感じず。或る朝、起床時、左脚・腰・右肩周りが激痛に襲われ整形外科へ。

 

坐骨神経痛、頚椎狭窄症と言われ投薬で様子見するも痛みが軽減せず。神経痛の「根本施術」とあった当院の広告をネットで見、車椅子で通い始める

 

・`痛さ´は`脳の記憶´と密接にリンクしていること、`痛さ´の軽減には気持ちの持ち方も重要。「治る、治そう」と前向きに考え、身体と脳(の記憶)をうまくコントロールしながら回復させるという施術の基本的な考え方を説明してもらい納得。

 

・施術では 身体の各部位のもみほぐし方やインナーマッスルの鍛え方など、症状の程度に応じ、骨の模型なども使いわかりやすく説明してもらい、合理的なやり方で実施してもらいました。

その結果、独力でほぼ通常歩行が可能となり、脳の記憶装置までを把握した科学的・合理的な施術の成果に感謝します。

 

※効果には個人差があります

「長く歩いたり、座っているとお尻からももやひざなどの
神経が痛くなり、悩んでいました。」

(坐骨神経痛 川崎市宮前区菅生 51歳 女性 会社員)

坐骨神経痛に悩んでいた時に、ネットでこちらを知り訪問いたしました。

長く歩いたり、長く座っているとお尻からももやひざなどの神経が痛くなり、悩んでいました。
 

こちらの接骨院では、わかりやすいカウンセリングやアドバイスを頂き、特に「腰痛のマンガ」をすすめて頂き、脳の働きも痛みと関係があると知り衝撃的でした。

 

通ううちに、長く歩いても、長く座っていても 以前のような痛みは消え、本当に感謝してます。

有難うございました。

 

※効果には個人差があります

「初めての事なので自分なりに調べてみましたが
詳細は分からず悩んでいました。」

(坐骨神経痛 川崎市多摩区 68歳 男性 会社員)

テニス等スポーツが大好きな68才男性です。

 

ある時、腰から臀部・足にかけて痛みと痺れの違和感を感じました。初めての事なので自分なりに調べてみましたが詳細は分からず悩んでいました。

 

そんな中、もしや「坐骨神経痛では・・・?」と思いネットで調べていると、”ひまわり接骨院”が目に留まり、先ずメールで新幡院長とやり取りをして症状を話し訪問することにしました。

 

今まで通った経験がなく不安もありましたが、最初に”復帰までの目安表”に基づいてカウンセリングがあり”急性期~リハビリ期”までの施術方法の丁寧な説明が行われました。

 

その方法とは、身体だけでなく心理面や脳の働きまで考えられ、最終目標の再発を抑えると云うものでした。

 

スケジュールが立てられ施術が進んで行く中で「本当に良くなるのだろうか?」と不安がよぎる事もありましたが、徐々に痛み、痺れが和らいできました。

 

院長の的確な症状への対処と、コミニュケーションによる精神的なケア、体操、ストレッチのプログラムに対応した施術により完全によくなり、今では大好きなテニスも2~3回/週程度楽しめるまでになりました。

 

 一時は、「もうスポーツが出来なくなる」と云う精神的なストレスもありましたが科学的根拠に基づいた医学の進歩を実感した今回の貴重な体験でした。

 

新幡院長、スタッフの皆様、大変お世話になり、そして有難うございました。

※効果には個人差があります

当院の坐骨神経痛専門整体
なぜこんなにも効果を
実感できるのか?

他で坐骨神経痛が良くならない理由

 当院には「体操すると却って痛い」「薬が効いている感じがしない」と「手術は避けたい」言っていらっしゃる方が多くいます。

色々な処置をしてもなかなか良くならないのは、本当の原因にアプローチできていないからです。

坐骨神経痛になる理由は腰やお尻だけではありません。
ですが病院では痛みのある部分を何とかするという対処しかできません。

あなたは今まで坐骨神経痛を良くするために、

  • 薬を飲む
  • ブロック注射をする
  • 体操・ストレッチをする

などの処置を行ったり、手術を勧められたりしたのではないでしょうか?

当院では、痛みが起こる部分だけでなく、

  • 痛みがでるような状態になってしまったこと(根本原因)
  • 自分の力(自然に回復する力)で良くならないこと(悪循環にある)

を問題視しています。

多くの場合、①誤った痛みの常識を基に、②誤った捉え方・対応をして③緊張やこわばり、恐怖、不安を引き起こし、④痛みが悪化する・変わらないという➄失敗体験を繰り返し⑥更に悪化するという「悪循環」に陥っています。

ですので、

当院では、

①痛みのメカニズム(根本原因)を知り、②痛みの捉え方・対応を変えることで、③身体や感情の変化を引き出し、④痛みを改善するという➄成功体験を積み重ねて⑥段々と良くしていくという「好循環」を作り出す施術を行っています。

従来の「痛みがある部分のみをみる」施術では結果の出なかった痛みが良くなります。

「発症や悪循環に陥ったの原因(根本・身体全体・心・脳)」と「痛みがある部分」を同時並行で施術を行うことで、より良い結果へ導きます。

事例

整形外科で処方された薬を飲んでも良くならず、歩くのもままならない状態で来院された60代男性。

当院の「好循環」を作り出す施術を受けることで、以前のように思い切りスウィングできるまでになり、ゴルフを楽しまれています。

このような事情の為、痛みが長引き、不安や心配で当院に多くの方が来院されています。

 

坐骨神経痛の解説

症状

腰が痛むこともありますが、主な症状はお尻と脚に出ます。

痛みやシビレ、灼熱痛、感覚鈍麻、冷感などです。

原因

腰から出て足先まで伸びている神経に何らかの不具合(圧迫や伸長・炎症・損傷)があることが原因と考えられています。 神経の障害されやすい場所は腰・骨盤・お尻周辺です。

原因となりえるもの

椎間板変性

ひまわり接骨院の椎間板変性解説図

椎間板変性とは、背骨と背骨の間にある椎間板というクッションがつぶれたりして、形が変化した状態をいいます。
「骨と骨のすき間が狭くなっている」状態です。

腰椎椎間板ヘルニア

ひまわり接骨院の腰椎椎間板ヘルニア解説図

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の部分の背骨と背骨の間にあるクッションの働きをする椎間板が飛び出した状態をいいます。

「本来のあるべき場所から飛び出す」ことをヘルニアといいます。

一般的には、飛び出した椎間板が神経を圧迫することで坐骨神経痛が引き起こされると考えられています。

腰部脊柱管狭窄症

ひまわり接骨院の脊柱管狭窄症解説図

背骨の中を貫く筒状の空間「脊柱管」が狭まった状態をいいます。 
空間の中に脊髄などの神経が通っています。

一般的には、脊柱管内にある神経が狭まった脊柱管に圧迫を受けることによって症状が出ると考えられています。

 
特有の症状として「間歇性跛行」という症状があります。
長い距離を歩く事が出来なくなります。しかし、腰を曲げて休むと再び歩けるようになります。

また、自転車では腰を曲げた状態での運動になるので休むことなく乗ることができます。

脊柱管は腰を曲げることで広がり、神経の圧迫が軽減できるからです。

腰椎すべり症

ひまわり接骨院の腰椎すべり症解説図

背骨の一部分が前側(お腹側に)にずれてしまった状態です。
好発部位は第4腰椎と第5腰椎です。

すべり症は下記の2種類があります。

上の図は変性すべり症になります。
分離すべり症は次の脊椎分離・すべり症をご覧ください。

 

  1. 分離すべり症とは
    背骨が分離症(疲労骨折等を原因に折れたままくっつかず離れたまま)に伴って起こるもの。分離症は第5腰椎に起こりやすいです。

     
  2. 変性すべり症とは
    分離を伴わずにすべったもの。女性に多く、第4腰椎に起こりやすいです。

 

一般的には、骨が滑ることで脊柱管が狭まることになり管内にある脊髄神経が圧迫され、坐骨神経痛が引き起こされると考えられています。

脊椎分離・すべり症

ひまわり接骨院の脊椎分離・すべり症解説図
  1. 脊椎分離症とは
    思春期に起きやすい背骨の第5腰椎の疲労骨折です。

     
  2. 分離すべり症とは
    疲労骨折によって分離した背骨が、お腹方向にすべり移動した状態をいいます。

変形性脊椎症

ひまわり接骨院の変形性脊椎症解説図

背骨に骨棘(こつきょく)ができたりして形が変化した状態をいいます。
一般的には、加齢変化と考えられています。


当院の考えとしては、
筋力の低下によりグラグラゆれる不安定な状態​になったものを、骨を増殖させ背骨と背骨の接触面積を増やして安定した状態に戻そうとする反応の結果と考えています。

安定性を取り戻しますが、可動性は失われます。
更に
進行すると増殖した骨が背骨と背骨を架橋し動きが完全に失われた状態になります。

症状は、グラグラゆれる不安定な時期に、小さい捻挫を繰り返すような形で引き起こされると考えています。

椎間関節症

ひまわり接骨院の椎間関節症解説図

背骨と背骨を連結する関節に原因があるものをいいます。

身体を後ろに反るときに、上下の関節が衝突して症状がでます。

梨状筋症候群

ひまわり接骨院の梨状筋症候群解説図

梨状筋(お尻の奥にある筋肉)が緊張して坐骨神経を強く圧迫することによって起こる痛みです。筋肉の緊張は不良姿勢や使い過ぎによって起こります。

当院での施術方法

 当院では、まずは丁寧な検査を行い、1番の原因はどこか?施術を行うべき箇所はどこか?ということを調べていきます。

 なぜなら、同じ坐骨神経痛でも症状や原因は人それぞれ異なっていますし、色々な原因が複雑に絡み合っているからです。

 また、心理面が施術成績に影響するので、より良い結果へ導くために心理テストを行いその結果を活用します。

その上で

  • 関節調整
  • 筋肉調整
  • 自律神経調整
  • 安定化トレーニング(インナーマッスルの強化)
  • 神経筋トレーニング
  • 心理教育的プログラム

を総合的に行ない、原因に対しアプローチをします。

自律神経を整えることで、炎症が起こっている部分に血液を行き渡らせて回復を早め
関節の歪みやねじれを調整することで筋肉への負担を減らし
筋力を強化することで耐久力を上げ再発しずらい身体へ

更に、正しい知識を提供し、
不確実な知識の欠如に起因する不安、恐怖などの感情状態の克服
起こり得る困難への対処する能力を身につけていきます。

 

そうやって坐骨神経痛を良くする事が出来るのです。 

坐骨神経痛は、症状が強烈、じっとしていても常に痛い等、あらゆる場面で不自由を強いられ日常生活に支障をきたし、精神的にも参ってしまうことが多い症状です。

また、慢性化率が高いのも特徴です。

なかなか良くならずに、辛く、不安と恐怖で諦めたくなるかもしれません・・・

もし、あなたが辛い坐骨神経痛でお悩みでしたらお気軽に当院にご相談ください。

お待ちしております。

他とは何が違うの?

ひまわり接骨院の

5つの特徴

1,身体と心と脳を総合的に評価する

この原因を突き止めることが一番大事になります。
何をするかよりもどこをするかがわかれば結果が出ます。

2,多くの専門家が絶賛する技術を持つ院長が施術を担当

これまで3千件以上の症例を改善した院長自らが、
豊富な経験と高い技術を駆使したオーダーメイドの施術で根本からケアします。

3,研究に基づいた新しい痛み対策

施術、運動、神経筋トレーニング、心理教育プログラムから
一番効果的な組み合わせを選択して施術いたします。

4,再発を抑える正しい知識と体操・ストレッチの指導

更なる施術効果のアップと効果持続のため、
あなたの状態に合わせた心理教育プログラムや食事指導や運動・ストレッチなど
セルフケア指導にも注力しております。

5,充実した設備を完備

実際に体験してもらうことで、ご自宅でも運動の効果が出せるようになって頂きます。
当院はバリアフリーです。車椅子の方も安心してご来院ください。

全国の有名整体院・整骨院から
推薦頂いております

「お客様のことを想い心から大切に
思ってくれる先生です」

国府津接骨院 柔道整復師 熊澤 康史先生
ひまわり接骨院を推薦する熊澤先生

私は小田原市で国府津接骨院を主宰しています熊澤康史と申します。

日本拳法という武道を通じて ひまわり接骨院新幡先生と知り合いました。新幡先生はご自身が拳法やキックボクシングをされていることもあり、人体の仕組みや運動生理学等に詳しく、もちろん解剖学や生理学といった医学知識にも造詣が深い方です。

ドイツ徒手医学を修得し 脊柱の椎間関節に着目した先生の技術と手技は他に類を見ない高度な理論に裏打ちされたもので、すばらしい施術効果が得られます。私自身も新幡先生に腰を施術して頂きましたが、とても繊細な技術で何をされたかわからない内に腰の痛みが消えてしまいました。

高度な技術をお持ちの新幡先生の施術は、同業者からも自信を持ってオススメいたします!!

あなたが長年抱えている痛みは
「もう治らないだろう」とあきらめていませんか?

まごころ整骨院 柔道整復師 山中 浩太先生
ひまわり接骨院を推薦する山中先生

鎮痛剤を飲んでも、マッサージを受けても症状が良くならないなら、是非 新幡先生の施術を受ける事をおすすめします。

私も整骨院を営んでいますが、ぎっくり腰になった際に新幡先生にお世話になりました。

先生はとても勉強熱心でな方で「科学的根拠」に基づいた施術・情報を提供して下さいますので本当に頼りになる存在です。

痛みにお悩みの方は、一度相談されることをおすすめします。

こんにちは
院長 新幡の自己紹介です

ひまわり接骨院院長新幡昭男自己紹介

私、新幡昭男の事をよく知らないという方に自己紹介をまとめました。

私は、施術家歴20年で、5000人以上の施術を行い、毎日腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの身体の痛みでお悩みの方に喜んでいただける接骨院になりました。

その中には
・プロゴルファー
・競輪選手
・世界レベルの空手選手
・医師や薬剤師、看護師
・プロの格闘家

などもいらっしゃいます。

私が医療の世界に飛び込んだきっかけ

学生時代に強くなりたいという気持ちで始めた日本拳法をきっかけに、芽生えた身体への興味からこの世界に入りました。

大志を抱き、医療の道へ飛び込んだものの・・・

学校での勉強により打ち込み、卒後は整形外科での研修・勤務に励みました。

でも、教科書通りの施術が行われているにもかかわらず、良くならない人が多くいました。

どうしたら良くなってもらうことができるのだろうかという思いが募り、
研修会に出席したり、文献を読み漁ったり、苦悩の日々でした。

その結果、辿り着いたのがその頃に大転換期を迎えていた新しい腰痛・坐骨神経痛の概念で私の人生を大きく変えてくれたのです。

それは実証研究によって得られた事実を元にして、再構成されたもので、その内容に沿って行われる施術はより高い有効性が証明されたものでした。

それは心と脳と身体をトータルで診ていくもので、施術や運動、心理教育プログラムを組み合わせて行うものでした。

そうです。それまで勉強したり、職場で学んでいたことは、一昔前の古い概念に基づく有害無益な施術であり、良くならないというのは当然の結果だったのです。

多くの人がさまよい続けているという問題は正しい情報が広まらず、不安や恐怖が煽られ、誤った施術が広まっていることが大きな要因だったのです。

それからは、これに没頭することになるのでした。

そしてついに
より早く、より確実に改善に導く方法の提供と一緒に苦境を乗り越えることを通して、皆さんの価値観の転換や拡大を達成し新たな人生の創造をサポートすることが本当の医療なのだと確信した時、

腰痛・坐骨神経痛の専門家として活躍できるまでになったのです。

そしてこれからもより多くの悩んでおられる方々にあの時の私の解放された気持ちと同じ体験を、そしてあなたにも痛みを忘れて明るくなっていく未来を手に入れて頂きたいと思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
044-299-9707

受付時間:月~土 9:00〜13:00 /15:00〜19:00
定休日:日曜・祝日

新着情報・お知らせ

2022/07/04
お客様の声を追加しました
2022/07/01
7月25~30日を夏季休暇とさせて頂きます。
2022/06/27
お悩み相談室に新しい記事を公開しました。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

044-299-9707

<受付時間>
月~土
9:00〜13:00 /15:00〜19:00
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

ひまわり接骨院

住所

〒213-0002 
神奈川県川崎市高津区二子1-7-17
リバーサイドマンション杉崎 102

アクセス

二子新地駅 徒歩3分 
駐車場:近隣にコインパーキングあり。自転車・バイクは店舗前に駐輪場がございます。

受付時間

月~土 
9:00〜13:00 /15:00〜19:00

定休日

日曜・祝日