川崎市 二子新地駅徒歩3分 腰痛・坐骨神経痛専門の接骨院

二子新地駅 徒歩3分 川崎市高津区二子1-7-17
予約受付時間 9:00〜13:00 / 15:00〜19:00
休業 日曜・祝日 土曜午後は予約制整体のみ

脊柱管狭窄症
推薦

脊柱管狭窄症

HOME > 適応症状 > 脊柱管狭窄症

こんな悩みはありませんか?

 

腰から足にかけて痛む・痺れる
長い距離を歩けない
腰が伸びない
姿勢が悪い
もう手術しかないと思っている

上記のような、お悩みを抱えているなら当院にお任せください。
当院では、このような症状でお困りの方が数多く来院され、改善されています。
 
一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。


 

脊柱管狭窄症について

 

脊柱管狭窄症とは

 
背骨の中を貫く筒状の空間「脊柱管」が狭まった状態をいいます。
 
空間の中に脊髄などの神経が通っています。この中の神経が圧迫を受けることによって症状が出ると考えられています。
 
特有の症状として「間歇性跛行」という症状があります。
長い距離を歩く事が出来なくなります。しかし、腰を曲げて休むと回復し再び歩けるようになります。また、自転車では休むことなく乗ることができます。

 

脊柱管狭窄症と症状の関係

脊柱管狭窄症(画像上の変化)という形を治さなくても、柔軟性や筋力などの機能を改善・強化することで改善します。
 
脊柱管狭窄は残ったままでも、施術やリハビリを行うことで症状の改善が出来ます。
 
※但し、麻痺(筋力・知覚)の場合は手術が必要になってきます。
また、歩ける距離が極端に短くなると、日常生活に大きな支障が出るので手術が検討されます。 

症状による分類

腰痛タイプ

腰痛タイプ

腰から太ももまでの痛みなら「いわゆる腰痛」(非特異的腰痛)に分類されます。
オレンジ色のところに症状がみられます。

坐骨神経痛タイプ

坐骨神経痛タイプ

膝から下の部分まで痛みやしびれがあるなら、坐骨神経痛(神経根症状)に分類されます。オレンジ色のところに症状がみられます。

馬尾症候群タイプ

馬尾症候群タイプ

筋力の低下(脱力)、歩行時の尿もれ感、自転車のサドルが当たる部分の麻痺がある場合は、馬尾症候群に分類されます。早めに病院へ行きましょう。
オレンジ色のところに症状がみられます。

脊柱管狭窄症に対する有効な対策

早く良くしようとして選択した対策が間違っている人がいます。却って、治りを長引かせてしまっているのです。
 
従来の曖昧な経験や直感に頼った偶然にまかせる方法を選択してしまっているのです。

現在、研究で「痛みに脳が関わっていること」と「効果のある治療」がわかっています。
偶然に頼る方法ではなく、再現性のある正しい対策を選択しましょう。
 

脳と身体
 

現在、痛みの原因は機能障害にあるということがわかっています。
 
脳と身体(筋肉、関節、神経、免疫)の働きが低下しているのです。
それらの働きを取り戻すことが治療です。
 
パソコンに例えるなら
ソフトウェアのバグが原因で、再プログラミングが治療になります。
 
 
その治療(再プログラミング)の具体的手法は
 

・徒手的治療 (手技による用いた治療)
・運動療法(運動を用いた治療)
・教育的プログラム(正しい知識を身に着ける)
・認知行動療法 (精神面からの治療)

 になります。治療効果に再現性があります。
 
進め方は
 
脳と身体の状態を評価し、その情報を元に原因を突き止め、その解消に最適な方法を選択し、治療をします。
 
 
ほっておいても良くなることはありません。症状でお悩みならお早めにご来院ください。 

参考文献

  • 高性能の画像診断の普及によって1990年代から脊柱管狭窄症が増加したが、100名の脊柱管狭窄症患者(平均年齢59歳)の臨床症状と画像所見(単純X線撮影・脊髄造影・CT)を比較した結果、両者間に関連性は見出せなかった。 http://1.usa.gov/RxEUW4

  •  脊柱管狭窄症の画像所見は臨床症状と関連性のないことが明らかとなったわけですが、興味深いのは、両側性の症状を訴えたのは42%に過ぎないのに、画像所見では患者の89%が両側性の狭窄変化が認められた点です。

 
フリーメディカルイラスト図鑑の画像を使用

院長挨拶

 

院長
 
出身地           埼玉県
特技            日本拳法
資格            柔道整復師   
好きな言葉         一期一会

 

経歴

 
2004年 柔道整復師免許取得
 
戸田整形外科、藤本接骨院、川越北接骨院で研修
 
2010年 ひまわり接骨院開業
 

当院の思い

慢性化してしまった症状は対症療法では改善が難しく、更に悪化させてしまう危険性すらあることが歴史でわかっています。

しかし、目先の症状の変化を追う治療院は多いですが、原因から変える院が少ない。

当院は本当に良くなりたいと願う患者様の受け皿になりたいと思い、日々施術を行っています。

料金
 
返金保証

 
料金
 

どこに行ってもよくならなかった
脊柱管狭窄症が改善し
再発までしなくなる5つの理由 

症状の原因を調べた上での適切な施術

原因究明
当たり前のようですが、他では殆どといっていいほどこの当たり前のことができていません。その場の痛みを和らげることが目的の対症療法であればそれで成り立ちます。

しかし、当院のように、 いかに今困っている症状を取り除くかということと同時に、いかに再発をさせないかという事を目的に施術をする場合には必須になります。
 

WHOに認められた徒手医学

徒手医学
「手によって筋骨格系を正すスぺシャリスト」であるドイツ徒手医学会会員です。 WHOに認められた世界標準の治療で国家資格の取得者しかなれません。

痛みをコントロールするのはもちろん、再発しないための体系づけられたテクニック。それが「ドイツ徒手医学のコンセプト」です。
 

研究に基づいた新しい腰痛対策

研究
研究の成果により、痛みのメカニズムや痛みを改善させる有効な対策、痛みを悪化させる誤った対策などが明らかになっています。
これにより、今まで「治らない」「終わらない」と言われていた症状が改善するようになります。
また、腰痛・坐骨神経痛がどのような経過をたどるのか見通しが立つようになります。
そうすると、「辛い症状がずっと続くのでないか(良くならないのではないか?・・・」、「いつ頃までに良くなるのか?」、「なぜ良くならないのか?」という不安が軽減できます。
このような有益を情報を収集し、提供しています。
 

再発を防ぐ体操・ストレッチの指導

ストレッチ
インターネットで調べたストレッチ、雑誌・テレビで紹介された体操が数多くありますが、「やってみたけど効果が無かった」という人が多いのではないでしょうか?それらの原因は、あなたに合った正しい体操やストレッチの指導を受けていないからかもしれません。
当院では、そんな適当な対応ではなく、あなたの状態に合わせた体操やストレッチを指導する事によって、今までとは違う、あなたの身体を作る事が出来るんです。
だから、当院で痛みやしびれが改善された方が再発するリスクは非常に低いのです。
 

月に1日以上の外部研修を受けています。

研修
症状で悩んでいるに一日でも早く、一回でも短く健康を取り戻してもらう為に、日々の研鑽に努めています。
国家資格を持つことは、スタートラインに立ったことを意味するだけで実力を示すものではないと考えています。

追伸

問診
ひまわり接骨院の新幡です。

私は、この業界で働く中でたくさんの患者様を見ています。
 
しかし、ほとんどの患者様から、
「どこに行っても良くならないんです」
「薬を飲んでいるけど症状が改善しないんです」
 
などといった声を多く聞きます。
 
 こういった声を聞くたびに、こんなにも症状を改善したいと思っている人がいるのに改善されていない人がいる・・・多くの整骨院・整体院では、症状を改善するために必要な正しい知識や技術を提供できていないのか?と、この業界に憤りを感じています。
 
施術

 
個人の経験論に基づいた視野の狭い診かたをして、有効な対処ができず、一時的・短期的な鎮痛処置(対症療法)に終始しているからです。
 
 残念ながら、その場しのぎを繰り返しても良くならないのは歴史が物語っています。
却って、悪化、慢性化、再発率の上昇を招いています。
 
良くなりたい!と、もがけばもがくほど苦しくなってしまいます。
 
しかし、研究は進み有効な対処方法がわかってきています。
 
 その有効な対処を行うことで、今までは「治らなかった痛み」や「終わらない痛み」が快復し、再発の恐怖から解放され、必要のない手術を避ける事ができるようになっています。
 
ただ、国内ではこの有効な対処を行っているところが少ないのが現状です。
 
当院では、「世界基準の正しい知識や技術を提供して、再発をしないところまで導く」
 
という想いで施術を行っていますので、ぜひ一度、当院の施術を体験してみた下さい。
長引く痛み・不調は、ほっておいても良くなることはありません。

あなたのお越しをお待ちしております。

ひまわり接骨院
ひまわり接骨院

川崎市高津区二子1-7-17-102
二子新地駅 徒歩3分
受付 午前:9時〜13時・午後:15時〜19時
休診日 日曜・祝日


 
受付時間 日・祝日
午前  9:00〜13:00 ×
午後 15:00〜19:00 予約整体 ×


詳しい行き方は アクセスをご確認ください。
© 2010 - 2018 ひまわり接骨院.

お困りの症状

腰痛・坐骨神経痛椎間板変性腰部椎間板ヘルニア脊椎圧迫骨折脊柱管狭窄症すべり症変形性脊椎症椎間関節症腰椎分離症筋・筋膜性腰痛脊椎手術後痛症候群ぎっくり腰腰痛坐骨神経痛

しびれ・神経痛

しびれ・神経痛

外傷・ケガ

外傷・ケガ骨折脱臼捻挫(ねんざ)挫傷(打撲・肉離れ)肘内障

交通事故によるケガ

交通事故によるケガ

労災によるケガ

労災によるケガ

首の痛みむちうち症頸椎椎間板ヘルニア頚椎症胸郭出口症候群寝違いバーナー症候群

肩の痛み五十肩投球障害肩腱板炎腱板断裂インピンジメント症候群上腕二頭筋長頭腱炎石灰沈着性腱板炎肩関節脱臼肩鎖関節脱臼

ひじ

ひじの痛みテニス肘ゴルフ肘野球肘肘部管症候群

手と手首

手と手首の痛みド・ケルバン病ばね指手根管症候群TFCC損傷スキー母指突き指

股関節

股関節の痛みグロインペイン症候群梨状筋症候群変形性股関節症大転子滑液包炎

ひざ

ひざの痛みジャンパー膝ランナーひざ(腸脛靭帯炎)鵞足炎タナ障害変形性膝関節症膝蓋軟骨軟化症オスグット氏病前十字じん帯損傷後十字じん帯損傷内側側副じん帯損傷外側側副じん帯損傷半月板損傷

すね・ふくらはぎ

すね・ふくらはぎの痛みコンパートメント症候群シンスプリントアキレス腱周囲炎アキレス腱炎

足首・足部

足首と足部の痛み足底筋膜炎有痛性外脛骨足の腱鞘炎短腓骨筋付着部炎セーバー病(踵骨骨端症)足関節捻挫

© 2010 - 2018 ひまわり接骨院.