坐骨神経痛 川崎市多摩区 68歳 男性 会社員

テニス等スポーツが大好きな68才男性です。

ある時、腰から臀部・足にかけて痛みと痺れの違和感を感じました。初めての事なので自分なりに調べてみましたが詳細は分からず悩んでいました。

そんな中、もしや「坐骨神経痛では・・・?」と思いネットで調べていると、”ひまわり接骨院”が目に留まり、先ずメールで新幡院長とやり取りをして症状を話し受診することにしました。

今まで通院の経験がなく不安もありましたが、最初に”治癒までの目安表”に基づいてカウンセリングがあり”急性期~リハビリ期”までの施術方法の丁寧な説明が行われました。

その方法とは、身体だけでなく心理面や脳の働きまで考えられ、最終目標の再発を予防すると云うものでした。

スケジュールが立てられ施術が進んで行く中で「本当に治るのだろうか?」と不安がよぎる事もありましたが、徐々に痛み、痺れが和らいできました。

院長の的確な症状への対処と、コミニュケーションによる精神的なケア、体操、ストレッチのプログラムに対応した施術により完治し、

今では大好きなテニスも2~3回/週程度楽しめるまでに回復しました。

一時は、「もうスポーツが出来なくなる」と云う精神的なストレスもありましたが科学的根拠に基づいた医学の進歩を実感した今回の貴重な体験でした。

新幡院長、スタッフの皆様、大変お世話になり、そして有難うございました。

 

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。