ひまわり接骨院

ご予約・お問合せ

川崎市 二子新地駅徒歩3分 腰痛・坐骨神経痛専門の接骨院

  • 二子新地駅 3分
  • 夜19時まで

川崎市高津区二子1-7-17 休業:日曜・祝日

ご予約・お問い合わせ 044-299-9707

「椎間板ヘルニア」手術に関して判明したこと

「椎間板ヘルニア」手術に関して判明したこと

「椎間板ヘルニア」手術に関して判明したこと

 

 

 

 

 

 

 

エビデンス

■椎間板ヘルニアに対する手術に関する論文81件を分析した結果次の6点が判明した。

 

(1)椎間板ヘルニアが確認された2ヶ月間の保存療法に反応しない坐骨神経痛患者はそのまま保存療法を続けるよりラブ法を実施した方が早く改善する。http://1.usa.gov/q1HPOA

(2)4年~10年の長期成績という観点から見るとラブ法と保存療法の効果に差は認められない。

 

(3)顕微鏡下髄核摘出術と経皮的髄核摘出術が腰痛に効果があるという証拠はない。

(4)経皮的髄核摘出術はラブ法より再手術率が高い。http://1.usa.gov/q1HPOA

 

(5)椎間板摘出術は比較的安全な治療法とされているが、これまで考えられていた以上に再手術を必要とする例が多い。

(6)椎間板ヘルニアに対する手術成績は、心理社会的因子の影響を強く受けている。http://1.usa.gov/q1HPOA

 

 

新しい腰痛・坐骨神経痛の概念に基づく治療が有効です。

 

腰痛・坐骨神経痛がどういうものか?

どういう症状がでるのか?原因は何なのか?有効な治療は?やってはいけないことは?どのくらいの期間で治るのか? 等々

ご存知でしょうか?

 

聞きかじった知識や自分自身の体験などの限られた情報を基に考えて、対処していませんか?

 

腰痛・坐骨神経痛が治らずに長引いている原因を自ら作ってしまっている可能性があります。

より真実に近い科学的事実に基づき考えることが重要です。

 

その上で、何をするのか自由に選択されると良いと思います。

 

このような実証研究によって得られた事実を元にして、再構成された新しい腰痛・坐骨神経痛の概念に基づく治療が有効です。

 

友だち追加

あなたの健康の為に必要な情報を配信しています。

今なら『たった5分で9割の腰痛改善!セルフケアマニュアル』を友だち登録でプレゼント中です。