〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子1-7-17
リバーサイドマンション杉崎 102 
二子新地駅 徒歩3分

  日祝
9:00〜13:00
15:00〜19:00
お気軽にお問合せ・ご相談ください
044-299-9707

お悩み相談室
  1. 腰部椎間板ヘルニアの手術でわかっていること

公開日:2022/06/21
更新日:

腰部椎間板ヘルニアの手術でわかっていること

 椎間板ヘルニアに対する手術に関する論文81件を分析した結果について解説をしています。

エビデンス

その1

椎間板ヘルニアが確認された2ヶ月間の保存療法に反応しない坐骨神経痛患者はそのまま保存療法を続けるよりラブ法を実施した方が早く改善する。

 

腰痛診療ガイドラインの勧告に従った保存療法の場合は2ヶ月ではなくて2年の猶予期間があります。

その2

 4年~10年の長期成績という観点から見るとラブ法と保存療法の効果に差は認められない。

その3

 顕微鏡下髄核摘出術と経皮的髄核摘出術が腰痛に効果があるという証拠はない。

その4

 経皮的髄核摘出術はラブ法より再手術率が高い。

その5

 椎間板摘出術は比較的安全な治療法とされているが、これまで考えられていた以上に再手術を必要とする例が多い。

その6

 椎間板ヘルニアに対する手術成績は、心理社会的因子の影響を強く受けている。

その7

 要するに椎間板ヘルニアは日にち薬が有効だということです。最近の腰痛診療ガイドラインでは手術はガイドラインに従った保存療法を2年間行なっても改善しないか、激しい痛みが続く患者に限るべきと勧告しています。

 手術を受けた患者の5~50%は症状がまったく変わらないか、あるいはさらに悪化することが判明しています。
 

 椎間板ヘルニアの手術成績は短期的に見れば良好だが長期的に見れば保存療法とほとんど変わりがなく、心理社会的因子の影響を強く受けていることが確認された。
 

 椎間板ヘルニアの手術成績は長期的にみれば保存療法と変わらないことを第一級のエビデンスが証明しているのです。「椎間板ヘルニア=手術」という思い込みを頭の中から消去しましょう。

もし、独りでの改善は難しいとお考えなら

 長引いた痛みを一人で治すのは困難なことが多いです。

 困ったときは自身で判断せずに適切な処置を受けるために専門家に相談しましょう。

 もし、お近くにお住まいで、困っているならば、一度ひまわり接骨院までお問い合わせください。

 椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)の専門家の私が、ご相談に乗ります。 気軽にご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
044-299-9707

受付時間:月~土 9:00〜13:00 /15:00〜19:00
定休日:日曜・祝日

新着情報・お知らせ

2022/10/01
10月のお休み 平常通り(日・祝のみ休み)になります。
2022/09/01
LINEでご返信できない状態になっていましたが、復旧しました。
 ご迷惑をお掛けしました。
2022/08/15
お悩み相談室に新しい記事を公開しました。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

044-299-9707

<受付時間>
月~土
9:00〜13:00 /15:00〜19:00
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

ひまわり接骨院

住所

〒213-0002 
神奈川県川崎市高津区二子1-7-17
リバーサイドマンション杉崎 102

アクセス

二子新地駅 徒歩3分 
駐車場:近隣にコインパーキングあり。自転車・バイクは店舗前に駐輪場がございます。

受付時間

月~土 
9:00〜13:00 /15:00〜19:00

定休日

日曜・祝日