〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子1丁目7−17

リバーサイドマンション杉崎 102 二子新地駅 徒歩3分

  日祝
9:00〜13:00
15:00〜19:00
お気軽にお問合せ・ご相談ください
044-299-9707

腰痛とぎっくり腰の違いについて
  1. お悩み相談室

公開日:2022/06/03
更新日:2022/12/08

 ふと、ぎっくり腰とは?腰痛とは?とその言葉の意味することに疑問を抱いたことはありませんか?
 
 その疑問にお答えする為に、腰痛とぎっくり腰の違いと腰痛の分類方法について解説していきます。

腰痛・ぎっくり腰の解説

腰痛

 腰の周辺に痛みがあれば腰痛ということになります。
感染症や腫瘍、骨折などが除外されているのが前提です。


お尻の部分を含めたり、含めなかったり等、論文や本によって異なりますので、腰”周辺”と捉えるといいと思います。

 ですから、医療者であっても細かいところの認識に違いはあります。

ぎっくり腰もこの中に含まれます。

ぎっくり腰

 ぎっくり腰は通称・俗称であり、医学上の正式な名称ではありません

 一般的には「急に痛めたもの」を示してると思いますが、人によってはそこに「どのように痛めたのか」や「どこを痛めたのか」という要素を加味している場合もあります。
 

 ですから、医療者によっても何をもって「ぎっくり腰」と発言しているかは微妙に異なります。


 正式名称でない「ぎっくり腰」という俗称を使うのは、医学上の小難しい診断名を伝えるよりも患者さんに馴染みがあるものの方がわかりやすいと考えられてのことと思います。

腰痛の名称の分類方法

 腰痛の名称の分類方法として、

  1. 発症からの期間
    例:急性腰痛、慢性腰痛
  2. 痛めている・問題のある箇所
    例:椎間関節症、椎間板症
  3. 画像検査で確認できる形の異常
    例:変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、分離症
  4. 痛め方
    例:腰椎捻挫、腰部挫傷
  5. 保険制度上
  6. 学術上

等々があります。

腰痛の治療

 治療内容は診断名によっては決まらず、患者さんの状態をもって決めます。
診断名に拘ったり、捉われないことも治療する上で大切です。

当院の治療方法に興味があるなら

関連記事はこちら

ごあいさつ

院長の新幡です

 長引いた痛みを一人で治すのは困難なことが多いです。

 困ったときは自身で判断せずに適切な処置を受けるために専門家に相談しましょう。

 もし、お近くにお住まいで、困っているならば、一度ひまわり接骨院までお問い合わせください。腰痛・坐骨神経痛の専門家の新幡が、ご相談に乗ります。

 気軽にご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
044-299-9707

受付時間:月~土 9:00〜13:00 /15:00〜19:00
定休日:日曜・祝日

新着情報・お知らせ

2024/00625
2024年 7月のお休み

7月15日は祝日の為お休みします。

平常通り営業いたします。
日・祝休み
 
2024/05/30
 お客さまの声にに新しい記事を公開しました。「第一腰椎圧迫骨折による腰痛」
2024/05/27
2024年 6月のお休み

平常通りに営業いたします。
日・祝休み
 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

044-299-9707

<受付時間>
月~土
9:00〜13:00 /15:00〜19:00
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

ひまわり接骨院

住所

 〒213-0002 
神奈川県川崎市高津区二子1丁目7−17 リバーサイドマンション杉崎 102

アクセス

二子新地駅 徒歩3分 
駐車場:近隣にコインパーキングあり。自転車・バイクは店舗前に駐輪場がございます。

受付時間

月~土 
9:00〜13:00 /15:00〜19:00

定休日

日曜・祝日